【mixhost】サーバー移転代行を依頼したら、たった2時間で終わった!

mixhost【ミックスホスト】のサーバー移転代行を経験してきました。結論を先に書きますと、トラブルなく無事に移行完了しました。しかも2時間くらいで。僕のサーバー移転知識はネットで拾った曖昧で中途半端です。そんな知識で初めて勇気を持って果敢にサーバー移転を挑戦したのです。結果は予想通り、エラーが起こり先に進めず、延々と無駄な時間を過ごしてしまった経験をしましたね。エラーの原因をネットでググっても条件が微妙に違ってたりして、解決するのは難しいと思いました。これは勇気ある行動ではなく、無謀だと。自分でサーバー移転をする自信がないあなただからこそ、プロに任せ、時間でお金を買う感覚を味わって欲しい思いでこの記事を書きました。

なぜレンタルサーバーを変えたか?

1番初めに契約したレンタルサーバーがさくらインターネットのスタンダードプランでした。初心者が初めるにはリーズナブルな値段で、速度もそれなりに速く満足していました。ですが、僕はもっともっと貪欲にアクセスを伸ばして、読者を増やしたかったのです。そこで色々調べた結果、

  • 独自SSL(https)が無料 & かんたん設定
  • SSDのサーバーなのでサイト表示が速い
  • 自動バックアップが標準搭載
  • 急なアクセス集中に対応できるクラウドサーバー

の4つが決め手になり、mixhostに乗り換えました。他にも公式サイトが公表している強みを貼っておきます。

mixhostから引用
 
次にサーバーにはSSDとHDDがあります。それぞれ見ていきましょう。
 
  • SSD・・・物理的な動作を行わず、電気的な信号を用いてデータの読み書きを行うことが特徴。HDDよりも最大10倍以上の速度差が出ることもあります。
  • HDD・・・高速回転する磁気ディスクへ磁気ヘッドを近づけます。イメージとしてはレコードプレーヤーに近いでしょう。物理的に動作するため、HDDの劣化や過熱問題があり、故障の原因になります。

SSD・HDDについて簡単に書きましたが、もっと詳しく知りたい場合は「Server Kurabe」さんの記事が詳しく解説して下さってるので、読んでみて下さい。

 
 



クラウドレンタルサーバー

サーバーを移転する方法

 

  1. 移転先サーバーでの準備
  2. ドメイン設定の追加
  3. MySQLのデータベースを作成
  4. htaccessファイルのバックアップ
  5. 運用中のデータベース&必要ファイルをダウンロード
  6. MySQLデータベースをダウンロード
  7. WordPressの必要ファイルをダウンロード
  8. 設定ファイルの一部を修正
  9. wp-config.php
  10. .htaccessの中身を確認
  11. 移転先へデータベース&ファイルのアップロード
  12. MySQLのデータベースをインポート
  13. WordPressの必要ファイルをアップロード
  14. 確認用URLかhostsファイルでチェック
  15. ネームサーバーの切り替え

おおよそ手順は上記のようになるそうですが、初心者からしたらなんのこっちゃ分からないですよね?勉強の為に1つ1つ調べてやって行くのも1つの方法だと思います。ですが、僕は記事作成に力を入れたかったので、今回は断念しました。別の機会で知識を取り込んでからやっていく予定です。勉強は大人になっても大事!!!

そこで、mixhostが提供している、サーバーのプロが移転代行する

 

 

を利用しました。

mixhostのWordpress移転代行サービスとは


本題に入る前にGoogleで「Wordpress 移転 代行」で上位に出てくる代行業者の「引っ越し値段(1サイトあたり)」と比較するとこんな感じになります。

  • A社:10万円~
  • B社:5万円~8万円(データサイズ次第)
  • C社:5万円~9万円(データサイズ、サイト構成による)

とデータサイズ次第ですが、100,000円位と見積もった方が良いでしょう。

それに引き換えmixhostのサーバー移転代行料金は1サイト9,980円と破格の値段です。強制追加オプションとして「SSL化済みのサイトの移転:3,980円」「未SSL化のサイトの移転:4,980円」があり、必ずどちらか選択しないといけません。

http(非SSL)サイトは14,960円、https(SSL化)サイトは13,960円となります。

あまりにも安いので、mixhostに問い合わせたら、「サーバー移転代行を安く提供し、継続してレンタルサーバーサービスを利用してもらうことで経営として成り立つ値段にしている」とのことです。

  • 利用者側:サーバー移転が楽。しかも代行費用が破格の値段
  • mixhost側:サーバー契約者数を増やし安定的な収益を得ることができる

双方がwin-winの関係で幸せになれるってことですね 笑

移転代行をしてくれる条件

  • 独自ドメインで運営している
  • WordPressでサイトを運営している
  • WordPressのマルチサイト機能を利用していない(1つのWPで複数ブログを管理していない)
  • mixhostとレンタルサーバー契約している(無料体験期間でもOK)
 

独自ドメインやレンタルサーバーについては下の記事で紹介してるので、より理解したいあなたは見てみて下さい。

関連記事

ブログを書く時に一番最初につまずくのが、サーバーとドメインだと思います。僕もそうで、色々なサイトで調べながら知識を吸収するのは大変でしたね。初心者がWordPressでブログを書く上で、必要最低限のサーバーとドメインの知識をまとめま[…]

 

とりあえず、Wordpressサイトの移転を代行してもらうなら、上記条件に当てはまっている必要があります。

サーバー移転代行の使い方

mixhost の

 

WordPress移転代行サービス

 

にお願いしてから完了するまでの大まかな流れは以下のようになります。

 

  1. mixhostとレンタルサーバーの契約をする(10日間無料体験登録でも可)

  2. WordPress移転代行サービスに申し込む

  3. 移転元のアカウント情報を知らせる

  4. サーバー移転料金を支払う
  5. mixhost から移行代行予定日時が送られてくる

  6. 移行が終わったら動作確認用のURLが送られてくる→hostsファイルを編集して存分に動作確認→問題がなければネームサーバーを変更

以下では、それぞれの流れについて、詳細に説明します。

mixhostとレンタルサーバーの契約をする(10日間無料体験登録でも可)

まずmixhost の

 

WordPress移転代行サービス

 

に申し込むには、mixhostのサーバーを利用している必要があります

mixhost以外の、「他サーバーA」から「他サーバーB」といった移行代行はしてもらえないので、注意が必要です。

必ず「他サーバー」→「mixhost」となる必要があります

僕の場合は、mixhostの無料期間中に移転代行をお願いしました。

WordPress移転代行サービスに申し込む

mixhostの登録が終わったらログインして

 

WordPress移転代行サービス

 

にアクセスします。

下の方までスクロールし、「ご契約後のお問い合わせ」へ進みましょう。

 

必須項目欄を入力しましょう。お問い合わせ種別はリストの中に「WordPress移行代行サービス」を選択します。説明欄は「サーバー移転代行希望」でいいと思います。必須項目欄を全て入力したら、送信を押してメール返信を待ちます。

 

僕の場合は、1日かからずに返事がきました。それよりも・・・

朝の7時に連絡が来た時はビビりました。何時から働いてるのって感じで、仕事の熱心さが伝わってきます。

移転元のアカウント情報を知らせる

サポートから折り返し連絡がきたら、サーバー移転が可能か判断するために、サイト情報の入力が求められるので、入力しましょう。各項目で分からないことがあったら、遠慮なくサポートに尋ねたらとても親切に教えてくれます。お陰で安心して進めることが出来ました。

  • 移転を希望するWordPressのURL:(例:https://〜) サイトトップページのURL
  • 移転を希望するWordPressの管理画面のURL:(例:https://〜/wp-admin/)
  • WordPressの管理者権限ユーザー名:(例:admin)
  • WordPressの管理者権限パスワード名:(例:password)
  • mixhostでご契約いただいた移転先のサーバーアカウント:(例:example.mixh.jp)
  • 独自ドメインのメールアドレスは使用していますか?:(はい/いいえ)
  • 旧サーバーのFTPホスト名:
  • 旧サーバーのFTPユーザー名:
  • 旧サーバーのFTPパスワード:

サーバー移転料金を支払う

サーバー移転代行が可能と判断されたら、前払い制なので、サーバー移転代行料金を支払いましょう。

http(非SSL)サイトは14,960円、https(SSL化)サイトは13,960円となります。
支払い方法は
  • クレジットカード
  • PayPal
  • 銀行振込

の3種類です。好きな支払い方法で払いましょう。僕はポイントを貯めたかったので、クレジットカードで払いました!

mixhostから移行代行予定日時が送られてくる

代行への申し込みが受理されると、mixhostから移行代行予定日の連絡があります。

僕の場合は、以下のような内容でサポートの方から連絡がありました。

お客様のWordPressの移転代行につきまして、
下記のスケジュールにて実施させて頂く予定でございます。

 

移転作業日:2019/07/19(金)

移転作業日につきましては、記事の更新はご遠慮下さいますようお願いいたします。
どうしても更新が必要な記事がある場合は、予約投稿機能をご利用下さい。

作業が完了いたしましたら、弊社よりあらためてご連絡させていただきます。

で実際に、その予定日時通りにWordpress移転を実施していただきました。

注意点として、mixhostの方からも案内があると思うのですが、「移転代行作業日時にWordpressへの投稿や、設定が変わってしまうこと」はやってはいけません。なぜなら、移転元のWordpressと移転先のWordpressに差ができてしまうからですね。

移行が終わったら動作確認用のURLが送られてくる→hostsファイルを編集して存分に動作確認→問題がなければネームサーバーを変更

サーバー移転が完了したら、以下のようなメールが届きます。

WordPressの移転が完了いたしましたので、ご案内させて頂きます。
下記の方法にて、ネームサーバー変更前にサイトの動作確認が行えますので、正常に動作している事のご確認をお願い致します。

 

◆hostsファイルの設定方法
https://support.mixhost.jp/674

◆hostsファイルに追加して頂く実際のコード(よろしければコピーしてご利用ください)                                             ××××××××                                                                    上記のhostsファイル変更後、下記URLにて移行後環境の動作確認が行えますので、正常に動作している事をご確認頂ければ幸いでございます。

××××××××

また、上記のhostsファイル変更後、旧サイトと新サイトのどちらのサイトにアクセスしているか
見分けがつかない場合の確認方法につきまして、以下の通りご案内させて頂きます。

◆ブラウザによる確認(Google Chrome-Windows PC環境)

1.Google chromeを起動して頂き、移行対象のURLにアクセスします。
2.F12キーを押下します。
3.上部に表示されているメニューより、「Network」を選択します。
4.F5キーを押下します。
5.ファイルが多数表示されますので、「××××××××」を選択します。
6.右側のタブのRemote Address「xxx.xxx.xxx.xxx:xxx」と表示されたIPアドレスの部分を確認します。

6.で確認した、Remote AddressのIPアドレス値が、hostsファイルで変更したIPアドレスと同一となっていれば、正しく移行後環境にアクセス出来ております。

※独自ドメインのメールアドレスをご利用中の場合は、ネームサーバー変更前に
mixhostにメールアカウントの設定をお願いいたします。
◆メールアドレスの作成
https://support.mixhost.jp/210

上記をご確認頂き、問題ないようでしたらドメインのネームサーバー設定を以下の通りご変更ください。

ネームサーバー1:ns1.mixhost.jp
ネームサーバー2:ns2.mixhost.jp
ネームサーバー3:ns3.mixhost.jp
ネームサーバー4:ns4.mixhost.jp
ネームサーバー5:ns5.mixhost.jp

ネームサーバーの変更後、数時間〜72時間程度で自動的にmixhostに接続されるようになります。
ネームサーバーの変更が反映され次第、移行作業は完了となります。

その他、ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。
今後ともmixhostをよろしくお願いいたします。

メール内容の通り、確認していきましょう。分からなければ、とても親身に教えて頂けるところが好感が持てます。
 
以上でサーバー移転代行は終わりです。

まとめ

こんな感じで、当サイトを

 

WordPress移転代行サービス

 

によりミックスホストに引っ越してきました。

最初、自分でWordpress(アフィリエイトブログ)移行作業を行っていたので、データベースエラーなどのトラブルがかなり起こり、余計な時間を浪費してしまいました。で、引っ越しを代行してもらったら、ビックリするほどあっさりと終わり「最初から頼んでおけば良かった…」となったのはいうまでもありません。なので、もしmixhostにサイト移転を考えている場合、「Wordpressのサーバー間引っ越しに自信がない」なんて場合は、代行してもらうのも賢明な選択でしょう。なにより、親身に教えて頂けるので、サーバーの知識がない僕でも移転代行を無事に完了することが出来ました。初心者は勿論、時間がないあなたにもオススメですので、是非検討してみて下さい。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!ヒラショウ@HirashoBlogでした!