マーケティングとは?簡単に分かりやすくまとめました!

ヒラショウ
マーケティングって何?
ヨツバ
ビジネスで稼ぐ上で必須と言われている手法だよ
「販売促進」「広告」「市場調査」
といったイメージが強いのではないでしょうか。それも間違いではありませんが、これらはマーケティング活動の一部でしかありません。
 
では、マーケティングの正しい意味は?
 

マーケティングとは、企業および他の組織1)がグローバルな視野2)に立ち、顧客3)との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動4)である。

日本マーケティング協会 1990年

1)教育・医療・行政などの機関、団体などを含む。
2)国内外の社会、文化、自然環境の重視。
3)一般消費者、取引先、関係する機関・個人、および地域住民を含む。
4)組織の内外に向けて統合・調整されたリサーチ・製品・価格・プロモーション・流通、および顧客・環境関係などに係わる諸活動をいう。

マーケティングの定義作成の経緯についてはこちらの資料をご参照ください。

公益社団法人日本マーケティング協会   

マーケティングの定義から引用

 

日本マーケティング協会の定義から引用しました。

 

これを僕なりに一言にまとめると、

 

対象者(顧客)の目線に沿い、商品やサービスが売れるための仕組みづくり
 
です。
 
解釈はひとそれぞれですが、僕はこの解釈が一番しっくりきてますね。
 
ブログもマーケティング手法の1つです。
例えば、自身がブログで稼ぐノウハウをブログでインターネット上に公開しています。ブログで稼いだことがない人がそのノウハウを見て稼げるようになった。
とかですね。
 

マーケティングの語源は?

「マーケティング」とは、市場で取引するという意味の「マーケット(market)」から派生した言葉ですが、セールスやプロモーションと違い、マーケティングは日本語訳で直接表せません。そのため「マーケティング」を明確に表現する言葉がなく、「広告」や「市場調査」などといったイメージがついているのかもしれません。

ヒラショウ
マーケティングって日本語に直接訳せないんだ〜なるほど〜

マーケティング戦略とは?

多種多様な価値観や志向が尊重される現代において、顧客のニーズや市場動向、購買心理を把握した上でビジネス展開することは、もはや常識となりつつあります。

マーケティング戦略では、「誰に」商品(製品)・サービスを訴求するべきかを明確にすることが、その後のマーケティング戦略の成功を左右します。

マーケティング戦略の策定に用いられるフレームワークのひとつである4P分析があります。

企業のマーケティング担当者が必ず一度は目にする4P分析とは?

4Pとは、マーケティング戦略の立案・実行プロセスの1つである、フレームワークであり、

 

  • Product(プロダクト:製品)
  • Price(プライス:価格)
  • Place(プレイス:流通)
  • Promotion(プロモーション:販売促進)

の頭文字をとってまとめられるものです。それぞれの意味を見ていきましょう。

 
フレームワークとは確立されている枠組みのことを指します。マーケティングにおけるフレームワークは事象をもれなく・素早く・全体を把握するために使用されます。
 

Product(プロダクト:製品)

マーケティング会社またはフリーランスの利益の元となる製品を考えます。品質・デザイン・ブランド名・パッケージ・サービス・保証までを含めて製品と考えますが、その根本には、

 

  • 製品を通して顧客ニーズをどう満たすか
  • 製品を通して提供できるメリットは何か

という観点があります。

そのうえで、自社(フリーランス)の製品を既存の市場の中でどう位置付けるかも重要になり、これには次項の価格も大きく関わってきます。

Price(プライス:価格)

市場で販売するうえでの価格です。価格を設定することで必然的に決定されてしまうものが、ターゲット層です。価格を決定する過程では、

 

  • 顧客が購入してくれる価格なのか
  • 製品価値との整合性はあるか
  • 適正な利益を得られる価格であるか

ということの慎重な検討が不可欠となります。

そして、価格によって定まったターゲット層に確実に製品を届けるためには、どのような形で製品を市場に流通させるのかということが鍵を握ります。

 

Place(プレイス:流通)

製品を市場に流通させるための流通経路や販売する場所が含まれます。実存店舗であれば、自社店舗・コンビニ・百貨店など形態は多岐にわたりますし、立地や店舗数も勘案する必要があります。また、近年規模が拡大しているネット通販のように、受注から販売までをインターネット上で完結させる方法も存在します。
いずれにせよ、ターゲット層に確実に製品を届けることができる流通形態になっているのかという観点でその妥当性を検証する必要があります。

また、どのような経路で販売するかということは、その製品のイメージ戦略にもつながります。コンビニでいつでも購入できる商品と、百貨店でしか取り扱いがない商品では、同じ商品であったとしても、その製品に対して顧客がもつイメージは大きく異なるでしょう。

 

Promotion(プロモーション:販売促進)

市場の顧客ニーズを満たす製品を製作し、ターゲット層を決め、そのターゲット層に購入機会を提供できる流通・販売経路を確保する。この後で、更に必要になることが、いかに製品を認知してもらうかということです。
製品がどれほど優れていても認知されていなければ意味はありませんし、認知してもらったうえで、更に購入してもらえなければ企業に利益は生じません。
代表的な例としては広告やCM・営業がありますが、この他にイベントの実施やメルマガの送付などもプロモーションのひとつの手法となります。

また、流通の検討と同様に、プロモーションに関しても情報を確実にターゲット層に届けるという観点から、発信メディアや市場に流す情報、そしてプロモーションにかける予算を検討する必要があります。

 

まとめ 

資本基盤が法人と比較して弱いフリーランスの場合、CMなんか出来るわけありません。広告は何千万円単位でお金が動いてます。なのでネットを駆使し、自分の読者やファンを増やしていくのが賢い選択だと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!ヒラショウ@HirashoBlogでした!