【人間関係】会社の人付き合いを上手くやっていく2つの方法!

※この記事は難聴者であるひらしょうの経験談です。難聴者でも健常者でも根本的には変わらないと思いますが、ご理解のほどよろしくお願いします。

僕と会社の人達の関係

僕がなぜ起業を小さく始めようとしたのか?は

なぜブログを副業から小さく始めようとしたのか?

に詳しく書いていますので、見ていただけると嬉しいです!

僕は会社に勤めています。会社は僕が難聴者であることは理解があり、電話対応や近くに来て喋ってくれる等の配慮はしてくださりとても助かっています。仕事面は周りの配慮があり、なんとかやっていけているのですが、プライベートでは会社の人とは一切関わっていません。

これは、僕が避けてるというのもあるのですが、おそらく会社の人たちも僕が難聴者なので、差別してプライベートでは避けてる感じがします。

僕は今の会社の人たちとはプライベートでは一切からみたくありません。なぜなら難聴者や障害者に対する偏見や差別を持っているからです。みなさんも自身に対して偏見や差別を持ってる人達とは絡みたくないですよね?なので、今の会社はぶっちゃげ

生活するために行ってるだけです!

いわゆるお金の為だけと、割り切っています。

みなさんも生活するためにしょうがなく会社に行ってるっていう人が多いと思います。

逆にいうと生活出来る程の収入があれば、会社には行かなくてもいいとうことですね。

会社で人間関係について上手くやっていく2つの方法

1.理想は働いてる職場で、理解のある人と仲良くなることです。

2.会社でどうしても理解のある人と仲良くなれない方は、会社外で理解のある仲のいい友達や同じ立場の難聴者や身内等と仲良くなる。

その根拠は?

1.ほぼ毎日会う人なので、経験上話をしてたら気持ち落ち着いて精神的に楽になるからですし、分からないことを気軽に聞けるからですね。

2.毎日会う・メールするわけでもないので、精神的にまいる時もありますが、経験上やはり複数人、寧ろ1人でも腹割って話せる人や悩みを打ち明けれる人がいるのといないのとでは、全然違います!

個人的に人間は1人よりも複数人で助け合って生きていく生き物だと思うので、1人よりも2人。ここで大事なのは

量よりも質を優先して

欲しいです。

うわべだけの関係を複数もつよりも、1人に対して深く長く付き合えるような関係を持って欲しいです。

うわべだけで付き合ってる人は面倒なことがあればすぐ切られる可能性が高いです。面倒なことを助けてくれる人が真の友達だと個人的に思います。なので、メンタルを保つには腹を割って話せる人を1人でもいいので、時間をかけて作って行きましょう!

まとめ

個人的に人間は1人で生きるのは難しいと思います。なので量より質を優先して話し相手を作ることが精神的に楽になると思います。孤独死という言葉があるように1人で悩まずにSNSでも、お問い合わせやコメントで僕の方に連絡しても構いません。寧ろ募集しています 笑 

助け合って共に人生をエンジョイしましょう!

最後までお読み頂きありがとうございます!

おわりっ