使用してる補聴器のメーカーと両耳装着のメリットデメリット

どうもひらしょうです!

最後までお読み頂けると嬉しいです!

今回は僕が使用している補聴器について書いていきたいと思います。

僕は難聴で身体障害者手帳を所持しており、よりきこえの品質を上げたかったので、性能の良い補聴器を使用したい気持ちがあり、福祉から助成金を使用しても、片耳だけで自費で300,000円弱程払わなければ購入できませんでした。なので、1回目は経済的理由で片耳分しか購入出来ませんでした。安い補聴器なら両耳購入出来たのですが、装着した感じ、

ハウリング抑制

雑音抑制

チャンネル数

指向性マイク

の性能に差があり、

僕は難聴で音や声はまだ聞こえるほうなので、もっと音や声をより聞こえるようにしたかったので、1番性能の良い補聴器を買いました。

ちなみに2回目はスターキーというアメリカのメーカーの補聴器を買いましたね!

両耳装着なら格安で購入出来るスターキーがおすすめ!

スターキーは両耳分購入で割引があるので、かなりお得です。

割引のおかげで両耳とも1番性能のいい補聴器を買うことが出来ました!確か両耳分で750,000円くらいだったかな?と思います。福祉の助成金から引いて自腹で650,000円で1番性能が良い補聴器2台購入出来たのはお得と思いました!

難聴は聾と違いまだ聞こえるので、その聴力を最大限に生かして生活した方がいいですよ!

それこそ耳に投資して、あらゆる音や声の聞こえの可能性を広げることで、自分の出来ることの幅が増える可能性も高くなると思いますよ!

片耳装着は脳のバランスが悪くなる可能性があるので、個人的におススメしません。勿論聾でもです!片耳だけで聞くということは片方の脳ばかり酷使し、バランスが悪くなると思うからです。両耳で音を聞いて左右バランス良くするのが身体にとっては経験上良いと思います!

両耳装着は経済的にデメリットですが、耳への投資と考えれば、後々に色んなカタチで回収できると自信があります!なので目先のお金で判断せずに、将来を見て考えてみてはどうでしょうか?

最後までお読み頂きありがとうございます!

おわりっ