【ビジ法】ビジネス実務法務検定試験2級の資格を独学3ヶ月で合格した勉強方法!

  • 2019年2月21日
  • 資格
  • 44view

 

ビジネス実務法務検定試験とは?

法務部門に限らず営業、販売、総務、人事などあらゆる職種で必要とされる法律知識が習得できます。身につけた正しい法律知識は、業務上のリスクを回避し、会社へのダメージを未然に防ぐことができます。同時に、自分の身を守ることにもなります。
なお、ビジ法は企業活動の主要分野を多くカバーしているので業種も問いません。ビジ法を習得することは「仕事の質を高める」ということに繋がります。管理職には、部下のリスク管理に効果的です。また、人事異動や、担当業務が変わってもスムーズに新しい仕事を処理する幅広い応用能力が身につけられます。

ビジネス実務法務検定試験は1〜3級まであり、それぞれの合格率は

1級・・・10%前後

2級・・・40%前後

3級・・・70%前後

となっています。

一般的には2級から戦力的になると言われていますので、2級合格を目標にして頑張って下さいね!

なぜ資格を取得しようと思ったか?

合格したら会社から一時金として資格手当が、支給されるからです 。つまり金目当てです(ぇ

1番の理由が、金目当てで次に将来の自分の為の投資という考えでした。

お金は大事ですよね!

異業種でも勉強次第で合格できる

機械オペレーターからの事務職という異業種の世界に飛び込んだので、転職した当時は経理や事務・法律の知識は全くありませんでした。

なので、最初は悪戦苦闘でしたね。わけわからん単語ばかり並んでてチンプンカンプンですぐ、飽きてしまったのは良く覚えてます。

異業種でも勉強をしっかりすれば合格出来る資格だと個人的に思いますので、これから取得を目指している方々は参考にしていただけたら嬉しいです。

テキストは公式テキストがオススメ!

僕はビジネス実務法務検定試験を開催している東京商工会議所が発行している公式テキストと過去問の2冊を利用しました!

ビジネス法務検定公式テキスト

公式テキストなので、個人的に安心・信頼があるかなーっと単純な理由ですが。(おい

合格できた勉強方法の流れ

1・最初は全体の流れを掴む為に公式テキストを流し読みします。

2・次に公式テキスト最後の方にある過去問を軽く解いていきます。その時に間違えてもいいので、答え合わせをして、分からなかったら公式テキストを読みながら、理由や意味を理解して知識を吸収するようにして下さい。

ここでポイントは過去問の答えを覚えるのではなくて、意味を理解する事が重要です。意味をしっかり理解すると、問題形式を変えられても対応出来るからですね。

3・過去問終わった後、もう一度公式テキストを読んでいきましょう!最初に流し読み・過去問を軽く触れていた事で最初読んだ時よりも理解しやすくなっていると思います。

4・後は公式テキストと過去問の繰り返しになります。不安であれば市販の過去問を購入して、対策の幅を広げるのも良いと思います。

勉強時間は勉強を開始するときの知識量で判断したらいいと思います!

僕は全く知識が全くない状態だったので、検定日の3ヶ月前に勉強を始めましたね。

1回目落ちたのはここだけの話……ね

じゃあ書くなよって話はなしで 笑

ちなみ2回目で合格しました!

2回目受ける時は、ある程度覚えてるので、検定1ヶ月前から過去問を中心に勉強したら合格できました!

まとめ

個人的にはしっかり勉強さえすれば誰でも取得出来る資格だと思いますので、

最初は全て理解しようとせずに、軽く読む程度にして、徐々に深く意味を理解していったら合格出来ると思います。

公式サイトにも載っていますが、検定試験は障害者の配慮もあるので、心配がある方は利用しましょう!

合格したら合格証のプラスチックカードが届き、なんと!!!

ビジネス法務エキスパート

の称号がGETできちゃいます!

カッコイイ称号ですが、当然弁護士には敵いません 苦笑

この歳になっても、まだまだ学ぶことはたくさんあるので、不定期的更新していきたいと思います!

最後にみなさんが無事に合格出来ることをお祈りしています。

最後までお読み頂きありがとうございます!

おわりっ