iPhone【アイフォーン】7以降で使えるApple Pay【アップルペイ】を使ってみた!

 

Apple Payとは?

財布の中にはクレジットカードやプリペイドカードが複数枚入ってる人がほとんどだと思います。Apple PayはそういったカードをiPhoneに内蔵し、使えるようにする電子ウォレット機能です。

※ウォレットは財布という意味。

Apple Payを分かりやすく言うと、iPhoneで電子マネーが使えるようになることですね。

Apple Payに対応している電子マネー

1.Suica(スイカ)

2.ID(アイディ)

3.QUICPay(クイックペイ)

の3つに対応しています。いずれも国内ではメジャーな決済方法で使えるところは多いです。

Apple Payでは上記3つの電子マネーをiPhone1つで使えるようになります。

クレジットカードとプリペイドカードを紐付ける

Apple Payで電子マネーを使うためにはクレジットカードとプリペイドカードをiPhoneと紐づける(登録)必要があり、登録するとIDまたはQUICPayどちらかの電子マネーに自動に紐付けられます。どちらの電子マネーに紐付けられるかは登録するカードによって決まります。選択式ではないので、注意しましょう。

プリペイドとポストペイとは?

電子マネーは支払い方法によってプリペイドとポストペイによって分かれています。前もってクレジットカードや現金・ポイントからチャージして使うのがプリペイド(前払い)に対して、決済が完了した後で払う(後払い)方式がポストペイです。

それぞれの特徴

Apple Payで使える電子マネー3種類のうち、プリペイド(前払い)はSuicaで、ポストペイ(後払い)はIDとQUICPayになります。

プリペイドは前もってチャージした残高内でしか使うことが出来ないので、残高が足りなくなると、その都度チャージする手間があります。そのかわりチャージが面倒になって過剰に使うことは減るメリットがあります。

ポストペイはクレジットカードと同じ後払いなので、ズバリ残高を気にせずスマートに使えることがメリットです。但し、使いすぎには注意しましょう。

セキュリティはどうか?

Apple Payにクレジット・プリペイドカードを紐付けることによって、各カードの不正利用やデータが漏れてしまう点などは誰でも気になるところです。

こうしたセキュリティやプライバシーの問題に対してアップルは十分な対策をしています。

まず原則として、決済時に指紋(顔)認証を求められるので、自分以外の人が勝手に決済するおそれはほとんどありません。

クレジットカード情報に関しては、iPhoneに登録している情報が漏れるか心配ですよね。

詳しく説明すると専門用語が多くなり、理解しにくいと思うので、簡単に説明すると、

カード情報のままで保管しているわけではなく暗号化しており、アップルでも復号化できない仕様になっています。万が一カード情報が漏洩されても暗号化されているので、第三者が不正に利用することは難しい仕組みになってます

このように暗号化されてたり、認証が必要だったりとしっかり対策しているので、安心して使えますね!

カードの種類によってはポイントが貯まりおトク!

現金払いにはないクレジット・プリペイドカード利用によるポイント付与があり、おトクにポイントを貯めることが出来ます。

店員によってはカードの扱いが雑な時があるのと、毎回カードで決済するとカードの出入れが多くなりカードが傷みやすいので、コンビニとか混雑しそうなお店は電子マネーでサッとスムーズに会計した方がスムーズ且つカード傷みが減少するので、是非Apple Payを使ってスマートライフを満喫しで下さいね!

因みに僕はSPGアメックスでQUICPay・モバイルSuicaでポイントをモリモリ貯めてます!

最後までお読み頂きありがとうございます!

おわりっ